虫歯治療

当院の虫歯治療の考え方
1. できるだけ神経を残します。
2. できるだけ歯自体を残します。
3. 天然の歯に近い修復を行います。
4. 再発防止のため完全に防湿して詰めますかぶせます。
5. MI(Minimal Intervention)を実践し無痛治療を行います。
6. 完全自費なので保険の材料は使いません。良い材料を用いじっくり時間をかけて治療します。

C1 エナメル質に限局した虫歯

治療前
上顎の前歯の裏側、右上2左上2に小さな虫歯がありました。

治療後

C2 象牙質に達する虫歯

治療前
右上の2番目の歯に象牙質まで達する虫歯がありました。

治療後
元の天然歯の形・色を想像しハイブリッドセラミックで審美的に修復しました。

治療前
右下の5番目の歯の舌側の面、歯茎との境近くにエナメル質の下で広がる虫歯がありました。(写真は鏡像)

治療後
直接は見えない場所なのでミラーテクニックを用い、過不足なく天然歯の形態で修復しました

治療前
右上1から左上3までの表側の歯と歯茎の境に虫歯がありました。

治療後
このようなケースでは修復する際、歯と歯茎の間に一時的に糸を入れて材料をつめます。歯茎の中の根と移行的に修復します。

治療前
上の前歯の裏側が黒ずんでおり中で虫歯になっています。

治療中
虫歯をとったところ。虫歯のところのみを選択的に削ります。健康なところは削りません(Minimal Intervention)。麻酔無しでも痛くありません。

治療後
ハイブリッドセラミックで審美的に詰めた境がわからないよう修復いたしました。

治療前
古い銀の詰め物の中が虫歯になっていました。

治療中
虫歯をとったところ。

治療後
ゴールドインレーで修復しました。なお、抜歯したところにはMTコネクターの治療義歯が入っています。

C3 歯髄(神経)に達する虫歯

治療前
歯が欠けたということで古い詰め物がとれ虫歯を取りきると神経が露出しました。

治療後
MTAセメントというセメントを用い神経を抜くことなく、ハイブリットセラミックで審美修復を行いました。

治療中1
虫歯をとりきると神経が露出しました。

治療中2
MTAセメントを神経が露出した部分とその周囲につめました。

治療後
神経を残したままハイブリッドセラミックで天然歯の形で修復をおこないました。

治療前
熱いものを飲むと痛むということで左上5の銀の詰め物を取ると中で虫歯が進行していました。(写真は鏡像)

治療中
歯髄炎という状態であり神経を保存することはできないので、神経をとりグラスファイバーの土台をたてました。(写真は鏡像)

治療後
セラミック冠で修復いたしました。左上4も同じような症状で銀の詰め物を外しセラミックが入っています。(写真は鏡像)

治療前
右下1、右下3、右下4、右下5の4本が神経に達する虫歯に侵されていました。

治療前

治療中
神経を取りグラスファイバーの土台を立てました。写真は型どりをする直前です。このように歯と歯茎の間に糸を入れてきれいに型どりができるようにします。

治療後
セラミック冠で4本同時に修復しました。

C4 歯の頭が崩壊している虫歯

治療前
虫歯が歯茎の下のほうまで進行しており金属の土台がはずれていました。骨の深さ(歯茎より5mm程下)まで虫歯が進行していました。

治療中
隔壁というバリアのもと根管治療を行い、その後、MTM(限局矯正)という手段を用い歯を矯正し引っ張り上げることで、本来抜歯適応の歯をなんとか残せそうです。

治療後
セラミック冠で修復いたしました。通常抜歯適応の歯をなんとか残すことができました。

治療前
歯の頭が崩壊し歯茎に炎症が起こっている歯でも、、

治療後
MTM(限局矯正)と歯周病の治療をすることでなんとか残すことができます。

医院案内メニュー

MTCシステムMENU