• 入れ歯でもなんでも噛みたい
  • 見た目がよく違和感のない入れ歯がいい
  • インプラントは抵抗がある
  • 噛み合わせをよくしたい
  • 不定愁訴を治したい・健康になりたい
  • できたら歯を抜きたくない
  • 健康な歯は削りたくない
  • 銀歯をやりかえたい

全て私たちにお任せください。

私たちMTC歯科臨床研究会は、長年にわたる義歯の研究・MTC(MTコネクター)義歯の開発と治療実績を認められ、
大阪府と大阪市の協議を経て、2013年10月、非営利機関である一般社団法人として認可されました。

日々の研究と臨床を通じて、義歯治療による健康増進をめざすとともに、よりよい歯科医療の発展に貢献します。

私たちMTC歯科臨床研究会は、正しい咬合に導く入れ歯で骨格・筋肉のバランスを整え、
さらに全身の歪みを改善していくことで、健康な身体づくりを目指します。

入れ歯至急相談室

当院で入れ歯を作ろうと考えているかたへ

講演情報

医院前の研修会館にて患者さん向けの無料講習会を開催しています。

内容:噛み合わせと身体の関係・快適義歯MTコネクター・MTCのシステムetc


※この動画は2011年の時点の動画です。内容は全く変わっていませんが、院長・副院長は変わっております。

理事長 宮野たかよしのメッセージ

 

私は、一度つくった入れ歯は二度とつくりません。なぜなら、その入れ歯で残りの生涯をずっと通してほしいという願いを込めてつくっているからです。生涯、一つの入れ歯。これが私の、入れ歯をつくる姿勢です。

 

入れ歯は生きています。正確にいえば、使う人によって生きた入れ歯にもなれば、死んだ入れ歯にもなります。一つの入れ歯ができ上がったから、それで終わりというわけではありません。むしろでき上がったときから、その入れ歯は命を吹き込まれるといってもいいでしょう。

 

入れ歯を使い続けていくと、だんだん合わなくなってきます。歯ぐきが衰えたり粘膜が減ったりして、使う人のからだが変化すると同時に、入れ歯自体も摩耗するからです。人間のからだも入れ歯も変化し続けているのですから、少しずつズレが出てくるのは自然のことです。

 

しかし、合わなくなったから新しいものをつくるのではなく、そのつど入れ歯を修理し、調整して、使ってほしいのです。自分に合う入れ歯に調整しながら使い続けて初めて、入れ歯は生きてきます。自分のからだと一体になるのです。

 

なぜ私がこんなことをいうのかというと、一つひとつの入れ歯を真剣勝負でつくっているからです。同じ入れ歯は、二つとありません。そして入れ歯の一本一本はすべて体から計測された歯で、あるべき位置と大きさが決まっています。それを割り出すのは大変な作業です。とくに最近はむずかしい入れ歯づくりが増えて、一つつくり終えると精も根も尽き果ててしまいます。まさに私にとって入れ歯づくりは、身を削るようなものなのです。

 

こうしてつくった入れ歯を、縁があって私のところに来られた方々に使っていただいています。私はこの縁を大切にし、最後まで自分がつくった入れ歯の面倒をみたいと思っています。私が健康で生かされている限り、そして入れ歯をつくる環境に置かれている限り、入れ歯は補修され、生き続けていくのです。

二〇〇二年 宮野たかよし

診療カレンダー


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
・・・休診日 月ごとに休診日は異なります。曜日では決まっておりません。
・・・義歯調整日(義歯の調整のみの日で通常の診療は行いません)